So-net無料ブログ作成

fountain connectの技術についての解説。その1 [fountain connect]

今日はfountain connectプロジェクトの技術基盤について説明しようと思います。

Fountain Connect の技術基盤

Fountain Connect の技術基盤は、DirectedAcyclicGraph(以下 DAG)構造を基に構築
しています。これを GROWTH と呼称します。

DAG は、グローバルブロックチェーンに変わる新技術として注目を集めています。大きな特徴は、トランザクションフィーが不要になること、スケーリングに優れた構造を持っていることにより多くのトランザクション処理を可能とし、尚且つ Bitcoin のようにブロックサイズの問題がないことが大きな特徴です。

スポンサーリンク
寄付活動には多くの支援者が必要であり、先述のようにFiat moneyによる寄付には銀行手数料の壁があるため、
寄付に使われるはずの資金が手数料に消えていた他、少額寄付者が寄付自体を躊躇うといったことで大きな機会損失を生んでいましたが、
DAGを採用することでトランザクションフィーが不要になり、寄付が無駄なく活動に充てられるようになるだけでなく、少額の寄付の送金が無料で行えることから、多 様な寄付を募ることが可能となるのです。
このGROWTHが持つ特徴はビジョンの実現に最適なものだと確信をしたとfountain connect側が言っています。
また、多くのICO案件で使われているEthereumは、The DAOで起きたコインの流失事件で問題となったシステムの信頼性に対する疑念、いまだフォーク後のコミュニティの動きも安定しておらず、今後の懸念点が多いのも現状です。
寄付を扱う企業として、そのような要因で寄付活動に影響が出るリスクを極力避けていく事が重要だと考えているのです。
スポンサーリンク
寄付活動は誰でも参加できる平等性と安定的な活動基盤が最も重要であると考えております。
DAGは寄付文化の持つ課題の解決と、我々の目的の実現に寄与する大変重要な仕組みと言えます。
次は前回記事にしたレイラについて書きたいと思います。
fountain connectに興味が出た方はこちらから登録できます。
https://asp.crypto-click.com/link.php?intro=a34abe1e4b2ff5d65defcf843e780c22&addrid=b5224d6769d1e66261636c2042caa99a&sub=jp
スポンサーリンク

nice!(11) 

注目ICO仮想通貨fountain connectの特徴について。 [fountain connect]

3月に第2フェーズが始まるfountain connectについて、
今回はfountain connectの特徴について書いていきます。

fountain connectの特徴は以下になります。

未だ発展途上にある寄付活動を世界に広め、「必要なところに必要なだけ」支援を届ける
には寄付活動の透明性を高めて無駄を省き、社会が正しい理解の上で参加をしていく事が
急務となっています、

fountain connectではLayla(レイラ)と呼ばれるプラットフォームを使用します。レイラでこれまで寄付活動の成長を妨げてきた2つの課題を解決していきます。

1.不透明な寄付活動を一掃。完全な透明性と確実な情報公開を実現し、一人ひとりが寄付
活動への参加を実感し、活動を自律的に育てていく。

2.寄付金の送金手数料を無くし、寄付を無駄なく必要な人のために役立てる。

この2つの問題点をレイラというプラットフォームで解決していこうというのです。

スポンサーリンク
fountain connectは寄付に透明性と確実性を実現にしていく事を掲げています。 支援は計画通りに行われているか? 支援者の抱くこういった不安を解消し、支援の実感と共に寄付活動の認知を広めるためには、企画者と支援者の接点を増やし、そこでのコ ミュニケーションを通じた信頼関係の構築が重要であり、 これまでの寄付活動は、ガバナンス意識の無さから情報開示が後回しとなっていたた め、寄付後に支援した実感を得ることは無かったに等しいのです。 fountain connectの活動では、プロジェク トの進行を人工知能(AI)がプロジェクト企画時に提出された計画書と比較チェックをし てLaylaへ公開していくことで、情報の正確性を確保しています。 なお Fountain Connectで 使われる人工知能を我々は「Io(イオ)」と呼ぶそうです。 しかし、Ioはあくまでも無数の情報を短時間で正確に分析する役割を担い、その結果を 最終判断するのは支援者であるべきだとfountain connect側は考えています。 支援者が判断を通じプロジェ クトに参加意識を持つことで支援の実感と感動が得られ、やがてその感動が広く世界に広 がると考えているようです。 最終的にはfountain connectはプロジェクトに参加してくれた支援者の人たちにこのプロジェクトは良いか悪いかを判断してもらうと、自分たちの判断だけじゃなく支援者の判断に任せると言っています。 このプロジェクトを成功させるには支援者の人たちに納得してもらうためにきちんとした開発が行われると私は思います。 まだまだホワイトペーパーにはfountain connectの特徴について書かれています。fountain connectに少しでも興味が湧いた方はこちらからどうぞ https://asp.crypto-click.com/link.php?intro=a34abe1e4b2ff5d65defcf843e780c22&addrid=b5224d6769d1e66261636c2042caa99a&sub=jp スポンサーリンク
nice!(4) 

仮想通貨ICO情報fountain connectがプロジェクトに掲げる寄付活動の実態とは? [fountain connect]

仮想通貨ICO情報を提供するtokitoです。前回はfountain connect(ファウテンコネクト)とはどういうプロジェクト企業なのか説明させて頂きました。
今回は現在の寄付活動について、説明させて頂きます。

現状は、寄付団体には実態が不透明なものも多く、総合的に管理することが出来ていな
いのが現実なのです。
実際アメリカの調査では寄付をしている人の約半数の方々が寄付先の情報がわからない、
自分の寄付したお金がどのように使われているのか?
といった意見が調査によって分かりました。

現実、私も疑問に思う募金活動があったなと振り返って
います。
寄付活動に対する不信感は、後を絶たない寄付団体の組織的な不正や支援を語った詐欺
的な活動が影響していると推測されます。
近年表面化した寄付にまつわる事件などもやはり世界的にありました。
やはり事件が起こると寄付に対する不信感に繋がってしまいますよね。これらの原因としては、寄付
活動を企画する側が全ての実権を握る仕組み、また通常の企業活動に取り入れられている
ガバナンスが寄付活動の世界では働いておらず、情報開示が徹底されていない閉鎖的な風
習が原因じゃないかとFountain Connect側は考えています。
不正が起こる土壌を一掃し、透明性の高
い寄付活動の仕組みを確立していくためにfountain connectがプロジェクトとして立ち上がるのです。
スポンサーリンク
また、表面化していない問題もあるのです。 寄付活動において実は最も難しく、かつ大きな問題となっているのが、「支援をす る側とされる側のミスマッチ」との問題があげられています。 支援を求める側の状況や文化に合わないものが一方的に送られたり、「援助漬け」と言わ れる過剰な支援により、本人の自立心を失わせたりする問題や、また過剰な支援物資が使 われず倉庫に保管されたままになっているなど、支援者の善意で行われるが故に支援を受 ける側からは指摘しづらい問題として手付かずになっているといった現状も問題になっていて、このような支援のミスマッ チという問題に対しても、fountain connectが一貫したフォーマットにより情報を明確化させることで 解決するためにプロジェクトが始まりました。 以上が寄付活動の実態であります。 次はfountain connectの特徴について書きます。 3月に第2フェーズがあります。参加したい方はこちらから登録できます。 https://asp.crypto-click.com/link.php?intro=a34abe1e4b2ff5d65defcf843e780c22&addrid=b5224d6769d1e66261636c2042caa99a&sub=jp
nice!(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。